メニュー
閉じる
戻る
閉じる

酒の肴に野球の記録BACK NUMBER

【セパ格差危機に提言】先発完投は今や時代錯誤? 10完投以上したエースが翌年低下する数値とは

2020/12/02 11:02

 

2020年の菅野智之と1958年の稲尾和久。60年以上の時を経れば、野球が変容するのも当然なのだ

photograph by

Hideki Sugiyama/Kyodo News

ソフトバンクの日本シリーズ2年連続4連勝で幕を閉じた2020年のプロ野球だが、“これまでのプロ野球”と同じで人気は保てるのか? 記録とNPBの構造という2つの視点からの提言(全2回の1回目/#2はこちら)。

 このコラムで日本シリーズで巨人が惨敗した原因として、「DH」とともに「先発完投型の投手起用」だと指摘した。エースが大車輪の活躍をしてチームを優勝に導いたのは、昭和の時代のプロ野球だ。それから何十年も経過し、日本プロ野球は大きく変貌したにもかかわらず「先発完投」の4文字は今も根強く残っている。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加