メニュー
閉じる
戻る
閉じる

バレーボールPRESSBACK NUMBER

新渡戸稲造を読む親日家、NBA選手の息子は八村塁の元同僚 パナソニック新監督ティリさんってどんな人?

2020/12/03 11:01

 

日本バレー史上初となるフランス代表と兼務する形でパナソニック監督に就任したロラン・ティリ。外国人監督就任は創部以来初めてのことだ

photograph by

Noriko Yonemushi

 バレーボールのV.LEAGUE男子の中で強豪チームといえば、まず挙がるのがパナソニックパンサーズだろう。昨シーズンはDIVISION1ファイナルでジェイテクトSTINGSに敗れたが、最近の9シーズンで7度ファイナルに進み、4回優勝している。

 そのパナソニックが、壮大なビジョンの実現に向けて一歩を踏み出した。

 日本のトップであることに満足せず、世界で戦えるチーム、世界にも価値を認められる選手の育成を目指し、フランス代表監督を務めるロラン・ティリを、新監督として招聘したのだ。

 外国人監督の就任はパナソニックでは初めてのこと。ティリ監督に白羽の矢を立てたのは、南部正司ゼネラルマネージャーだった。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加