メニュー
閉じる
戻る
閉じる

ゴルフPRESSBACK NUMBER

渋野日向子の戦いを米ベテラン記者はどう見た?「ナーバスになっていたと言っていたが…」

2020/12/15 18:00

 

全米女子オープンで優勝争いを演じた渋野日向子。史上初のメジャー2勝目とならなかったが、確かな成長を見せた大会でもあった

photograph by

Getty Images

 今季最後の海外メジャー『全米女子オープンゴルフ』(以下、全米女子)で、渋野日向子は通算1アンダー、単独4位でフィニッシュした。最終日を首位で迎え、日本人初となるメジャー2勝目を期待されたが、「悔しいけど、悔いはない」と気丈に振る舞った。

 ゴルフ取材歴約18年を誇る、米国ゴルフ雑誌『ゴルフウィーク』シニアライターのベス=アン・ニコルスは、渋野のプレーを「ガッツがあった」と讃えた。

「最終日はちょっと崩れましたが、全体的にショートゲームが良かったし、ここは決めたいという場面でショットやパットも冴えていて、見事でした」

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加