メニュー
閉じる
戻る
閉じる

バレーボールPRESSBACK NUMBER

「1人で止めた方が早くね?」スーパー1年生・水町泰杜が苦しみながら学んだ“過去最強”の早稲田バレー

2020/12/19 11:00

 

早稲田大では背番号「22」をつける水町泰杜。高校時代と比べ、高さやパワー面で進化した

photograph by

Yohei Osada/AFLO SPORT

 胸に「鎮西」と書かれた黄色のユニフォームで高校最後の試合をした武蔵野の森総合スポーツプラザ。それから約1年が過ぎた今年の12月、今度は胸に「W」と刻まれたえんじ色のユニフォームを纏った水町泰杜(みずまち・たいと)がコートに戻ってきた。

 バレーボールの天皇杯皇后杯ファイナルラウンド。初戦を不戦勝で勝ち上がった早稲田大は準々決勝でFC東京(V1)に1-3で敗れた。しかし、その試合でも水町の存在感を残した。

 高校1年時の春高は、2枚エースの一翼を担って全国制覇。「とんでもないルーキーがいる」と周囲を驚かせたように、大学でも格上のVリーグチーム相手に臆することなくスパイクやバックアタックを打ち分けた。一方でジャンプサーブでサービスエースを取り、ガッツポーズをしながら笑顔でコートを走り回る姿には、1年生らしい初々しさも感じさせる。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加