メニュー
閉じる
戻る
閉じる

酒の肴に野球の記録BACK NUMBER

2020ベストナインはどれほど“順当”か数字で検証 一番の激戦区、セ外野手で漏れた面々の成績も凄い

2020/12/19 11:03

 

セ・リーグ外野手のベストナインに輝いた(左から)鈴木誠也、丸佳浩、佐野恵太。このポジションは激戦だった

photograph by

Hideki Sugiyama

 2020年のベストナインが発表された。あまり知られていないが、MLBには「ベストナイン」の表彰はない。ポジション別に最も打撃の良い選手を選出する「シルバースラッガー」と守備の良い選手を選出する「ゴールドグラブ」の2つの賞がある。

 NPBにも守備の良い選手を選出する「ゴールデングラブ」が別にあるので、「ベストナイン」は主として打撃に主眼を置いて選出される。投手は「投手成績」だ。またベストナインはポジション別なので、そのポジションを何試合守ったかも考慮される。

 その「ベストナイン」は記者投票なので記者の主観も入ってくるが、今年のベストナインが、打撃成績(投手は投手成績)をどれだけ反映しているか検証しよう。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加