メニュー
閉じる
戻る
閉じる

丸ちゃんのGreen TalkBACK NUMBER

ゴルフ国内男子ツアーで大学生が活躍する3つの理由。~世界で戦っていくために~

2020/12/27 07:00

 

日本オープンで練習ラウンドする金谷拓実(左)と中島啓太。どちらもアマ世界1位となった

 9月から始まって5試合で幕を閉じた今年の国内男子ツアーは、大学生の活躍が目立ちました。国内最高峰の10月の日本オープンでは、河本力(日体大3年)と杉原大河(東北福祉大3年)の2人がトップ5に食い込み、次の大会では中島啓太(日体大2年)が優勝争いを演じて3位。その翌週には金谷拓実(東北福祉大4年)と石坂友宏(日本ウェルネススポーツ大3年)による“大学生プレーオフ”もありました。

 その背景には、まず大きな流れとして選手層の拡大と低年齢化があります。女子のように中3や高1でツアーに出ても予選通過できる能力、飛距離を男子の若い選手も徐々に備え始めている。石川遼をはしりとして、松山英樹、金谷と続いた学生選手の活躍がもたらした変化でしょうね。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加