メニュー
閉じる
戻る
閉じる

バレーボールPRESSBACK NUMBER

<異例の転身>『ハイキュー!!』俳優がVリーガーに!羽富琉偉「芸能のお仕事もバレーボールも基礎が大事」

2020/12/24 11:02

 

現在はミドルブロッカーに挑戦中の羽富。新シーズンに向け、充実の毎日を過ごしている

photograph by

Hiromi Ishii

 芸能界とスポーツ界、2つの世界で活躍したいと願う若者がいる。

 バレーボールのトップリーグ「V.LEAGUE」ディビジョン3、千葉ZELVA(ゼルバ)に所属する羽富琉偉(はとみ・るい)だ。

「芸能のお仕事とバレーボールには共通点もあります。どちらも基礎が大事だということ。そして信頼関係。バレーボールって対人パスをするときに、相手が取りやすいところに上げたり、相手を思いやって精度を高めていかなければいけないスポーツです。思いやりがあってこそ信頼関係が生まれるところは、芸能の仕事も同じだと思います」

 21歳のときにモデルから芸能活動をスタートし、ジュノンスーパーボーイコンテスト、AMAアジアスーパーモデルコンテストなどに参加。2018年、ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」“はじまりの巨人”に伊達工業・黄金川貫至役として初めて映像出演を果たし、2019年の演劇「ハイキュー!!」“飛翔”では同じ黄金川貫至役で舞台に出演した。そんな彼がVリーガーとなったのにはどんな理由があったのか。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加