メニュー
閉じる
戻る
閉じる

バレーボールPRESSBACK NUMBER

石川祐希「刺激をもらっている」代表エースも期待する19歳高橋藍の魅力はうますぎるサーブレシーブ

2020/12/26 11:02

 

高橋を擁する日体大は全日本インカレでは決勝に進出したものの、早大に敗れて準優勝。日本代表では次世代エースとして期待が懸かる

photograph by

NIKKAN SPORTS

 春高バレー優勝校のエースから、東京五輪の日本代表候補へ。この2020年、高橋藍(日本体育大学)の立ち位置と視界は大きく変化した。

 今年1月、まだ18歳の高校3年生だった高橋は、京都代表・東山高校のエースとして、日本一を目指し春の高校バレーを戦っていた。

 軽やかに跳び上がり、体を鞭のようにしならせて放つスパイクやサーブは、身長188cm、体重72kgの細身の体からは想像できない力強さがあった。その上、打てるコースの幅が広く、軟打も含めて攻撃の選択肢が多い。

 その姿は、日本代表のエース石川祐希(ミラノ)の星城高校時代の姿と重なった。それを高橋に伝えると、「よく言われます」と嬉しそうに笑っていた。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加