メニュー
閉じる
戻る
閉じる

Sports Graphic Number MoreBACK NUMBER

国見で6度選手権制覇、名将・小嶺忠敏が明かす“三浦淳寛の伝説” 「大会期間中だけは自主練習をやめてくれ」

2021/01/10 17:01

 

小嶺忠敏が厳しくも愛情のこもった指導で育てた“個性的プレーヤー”は数知れない

photograph by

Takuya Sugiyama

国見を6度の優勝に導いた74歳の名将は、今年度も選手権の舞台で指揮を執った。小嶺サッカーの代名詞は、走力と体力。それでありながら、なぜ「個」が育つのか。厳しさと愛情に溢れた指導哲学に迫る。<初出:Sports Graphic Number 995号(2020年1月17日)[国見を率いた名将を訪ねて] 小嶺忠敏の流儀 肩書などすべて当時>

 2002年の春休み。国見高校サッカー部一同を乗せたバスは、強豪校を集めて開かれる大会に参加するため、岐阜県大垣市に向かっていた。2カ月前に2年生で選手権優勝を経験した渡邉大剛は、はりきっていた。新チームの主将に指名されたからだ。その反面、ちょっとだけ調子に乗っていたのかもしれない。彼の首には、銀色のネックレスがぶら下がっていた。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加