メニュー
閉じる
戻る
閉じる

酒の肴に野球の記録BACK NUMBER

菅野智之がいる、いないにかかわらず 2021年の巨人が解決すべき“泣き所”とは【記録で12球団総括】

2020/12/29 17:06

 

屈辱の日本シリーズ2年連続のスイープ。巨人はここからどのようにもう一段階上の強さを手に入れるのか

photograph by

Nanae Suzuki

 7.5差をつけてのリーグ優勝、そして連覇。今年の読売ジャイアンツは万々歳のはずではある。しかしなぜか敗北感も交じるのは、日本シリーズの惨敗があったからだろう。今季の巨人の「功罪」を振り返ろう。

■2020年チーム成績
67勝45敗8分 勝率.598(1位)
打率.255(3位)本塁打135本(1位タイ)507打点(1位)80盗塁(1位タイ)
防御率3.34(1位)27セーブ(3位)96ホールド(2位)114被本塁打(4位)

 本拠地東京ドームは、左右中間の膨らみが少なく、そろばん球のような形をしている。ホームランのパークファクターはリーグ2位の1.10。この利点を活かして巨人は強力打線を整備してきた。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加