メニュー
閉じる
戻る
閉じる

バレーボールPRESSBACK NUMBER

石川祐希が語る“伝説の東福岡戦”と“6冠達成”の要因 無観客の春高に挑む高校生へ「全力で楽しんで」

2021/01/04 11:03

 

星城高校時代は1年生の頃からレギュラーとして活躍した石川祐希。当時の経験はバレーボール人生の大きな糧となっている

photograph by

Jun Tsukida/AFLO SPORT

 イタリア・セリエA、ミラノに所属するバレーボール男子日本代表のエース石川祐希。彼の名前が広くバレーボールファンの間で浸透したのは、2013年度の春高バレー(全日本バレーボール高等学校選手権大会)だ。名門・星城高校(愛知県)在学中は高校史上初の2年連続3冠(インターハイ、国体、春高バレー)を達成し、MVPにも2年連続で輝いている。

 そんな石川は1月5日から始まる今大会のスペシャルサポーターに就任した。フジテレビ系列の地上波放送の番組などに出演し、高校生たちを応援する。

「僕にとっての春高バレーは“高校生活のすべて”。優勝という結果だけではなく、仲間と一緒にそこに向かって連取を積み重ねた毎日が今でも僕に力を与えてくれている。みなさんにとっても一生大切にしたい瞬間がたくさん生まれる大会になるよう、イタリアから全力でサポートしたい」

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加