メニュー
閉じる
戻る
閉じる

スポーツ百珍BACK NUMBER

最強助っ人クロマティが一刀両断! 日本野球とメジャーの違い「ワンショット」とは【菅野智之は巨人残留】

2021/01/08 18:06

 

YouTubeチャンネルの企画に合わせて日米プロ野球の違いを語ってくれたウォーレン・クロマティ

photograph by

Kiichi Matsumoto

巨人で大活躍したウォーレン・クロマティさんとのYouTube連動企画記事を、全2回にわたって公開します!(前編はこちら)

 伝説の外国人プロ野球選手ウォーレン・クロマティが突如、自身のYouTubeチャンネルとの連動企画として「クロマティプロ野球アウォーズ」と銘打って、注目している日本人選手を一気に挙げてもらった。その話の際に何度か気になったことがある。クロマティが「メジャー視点」で日本人選手を観察していることだ。

 例えば捕手の甲斐拓也については“投手に対するコミュ力の高さ”を「メジャーのキャッチャーと日本のキャッチャーって考えが全然違って、彼(甲斐)みたいな働き方は絶対しないよ」と評したり、「坂本がもし大リーグでプレーするなら、彼のボールの投げ方だと、セカンドが合っているかな」とも分析していた。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加