メニュー
閉じる
戻る
閉じる

プロ野球亭日乗BACK NUMBER

ヤンキース黒田博樹に憧れて…菅野智之がメジャー断念、巨人残留の“お金ではない”本当の理由とは

2021/01/09 18:00

 

ポスティングでのメジャー移籍を目指した菅野だったが、結局、巨人残留が決まった。その心中やいかに

photograph by

Naoya Sanuki

 ポスティング制度を使ってメジャー移籍を目指していた巨人・菅野智之投手の巨人残留が8日までに決まった。

 菅野は1月1日に渡米し、現地で代理人事務所「ワッサーマン・メディア・グループ」のジョエル・ウルフ氏らとともに獲得に名乗りを挙げた球団のオファーを精査。しかし交渉期限の現地時間1月7日午後5時(日本時間8日午前7時)までに契約合意に至らず、メジャーへの移籍を断念し、巨人に残留することとなった。

「今月1日に渡米してさまざまな方々から話を聞き、新型コロナウイルスの影響が深刻化する中でのメジャーリーグの今シーズンの動向などを見極めた結果、今季も読売巨人軍でプレーしようという結論に至りました」

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加