メニュー
閉じる
戻る
閉じる

ぶら野球BACK NUMBER

巨人でやり残した“最後の宿題” 「嫌ですよ(苦笑)。すごい嫌でした」6年前に25歳菅野智之が語っていたこと

2021/01/11 17:02

 

交渉期限までにまとまらず巨人残留が決定した菅野智之

photograph by

Hideki Sugiyama

 昨年末、アンダーアーマーの通販で菅野智之の「18番」レプリカユニホームを買った。

 今季から巨人のオフィシャルサプライヤーはミズノへと変わるので、定価11000円がお得な4400円のセール価格。これまで菅野グッズは、19番時代のタオルやCSノーヒットノーラン記念Tシャツや最近の開幕13連勝&通算100勝の記念ボールとか買いまくっていたが、ふと18番ユニホームは持っていないことに気づいたのだ。

 思い出の菅野ユニ……になるはずが、12月8日にメジャー移籍を目指してポスティング申請も、年明けの交渉期限までにまとまらず巨人残留が決定。「今まで本当にありがとう。向こうで幸せになれよ」なんて震え声をひた隠し恰好良く送り出したつもりが、「あれっ、もしかして戻ってきてくれるの?」とまさかのサプライズUターンはファンからしたらもちろん嬉しい。なにより巨人の手薄な先発事情を考えるとMVP右腕の残留は朗報だ。菅野本人にとってもコロナ禍だからと何も動かず将来を決めるより、渡米して直にMLB球団関係者や選手たちと話した上での決断は、今後のモチベーション面でも大きく違うだろう。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加