メニュー
閉じる
戻る
閉じる

箱根駅伝PRESSBACK NUMBER

箱根駅伝は「どちらのナイキ厚底を選ぶか」が明暗を分けた? 10区で逆転、駒澤大に“ミス”がなかったワケ

2021/01/12 11:04

 

第97回箱根駅伝の1区スタート直後。ナイキのシューズばかりが目に入る

photograph by

Yuki Suenaga

 正月の箱根駅伝は駒大が最終10区で3分19秒差を大逆転。創価大の初優勝を阻んで、13年ぶり7回目の総合優勝に輝いた。区間賞を獲得した駒大・石川拓慎(3年)は「ナイキ ズームエックス ヴェイパーフライ ネクスト%」を着用してヒーローになった。一方、区間最下位に沈んだ創価大・小野寺勇樹(3年)は「ナイキ エア ズーム アルファフライ ネクスト%」を履いていた。両者ともナイキ厚底シューズを着用していたが、明暗がわかれたことになる。

 今回は往路・復路ともに向かい風に苦しめられたこともあり、前回のような記録ラッシュにはならなかった。そのためシューズはさほど注目されなかったが、その戦いは“シーズン2”に突入したと言ってもいいだろう。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加