メニュー
閉じる
戻る
閉じる

酒の肴に野球の記録BACK NUMBER

菅野智之“NPB初の年俸10億円”だとしても…イチロー“初5億円超え”以降広がる「経済格差問題」とは

2021/01/13 11:01

 

2021年の年俸が推定5億7000万円と報じられる柳田悠岐(左)と、巨人残留の菅野智之。果たして菅野は“10億円プレイヤー”となるのか

photograph by

JIJI PRESS

 元日にアメリカに渡った巨人の菅野智之だが、MLBとの契約を果たすことができなかった。巨人には朗報ではあるが、菅野にとっては思うところがあるだろう。

 菅野の代理人は、2019年西武からマリナーズに移籍した菊池雄星と同じ4年5600万ドル程度を希望したようだが、応じた球団はなかった。菅野の実績を考えれば法外な額とは言えないが、新型コロナ禍で未曽有の混乱の中にあるMLBは、新戦力として菅野を獲得する余裕はなかったのだ。

 アメリカの報道では、巨人は菅野に対し4年4000万ドル程度の提示をしたという。その上、菅野の意思で年度ごとに契約を打ち切ることができるオプトアウトの条項が付帯された、とも。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加