メニュー
閉じる
戻る
閉じる

“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

J3も一緒に味わった愛する大分トリニータとの別れ…33歳三平和司、新天地での誓い「また好きになれる」

2021/01/14 11:01

 

試合後にはキレキレのダンスを披露するなど、オフザピッチでも人気者に。大分サポーターにとっては忘れられない存在だろう

 Jリーグきっての元気印・三平和司の新天地がヴァンフォーレ甲府に決まった。背負う番号は「9」。

 2020年12月。プロ11年間の大半を過ごした愛するクラブ、大分トリニータとの別れは突然やってきた。

 J1第31節のベガルタ仙台戦を控えた練習の後、三平が呼ばれたのは大分の本社にある面談室。そこには、榎徹社長と西山哲平GMが待っていた。

「厳しいことを告げなければなりません」

 そんな前置きの後、来季の契約を結ばないという事実を告げられた。

「満了」という言葉を聞いた瞬間、三平の頭は真っ白になった。思わず「なぜなんですか? 理由を教えてください」と迫る。しかし、西山GMからその意図を詳しく告げられてみると、次第にクラブに対する感謝の気持ちが大きくなっていった。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加