メニュー
閉じる
戻る
閉じる

バレーボールPRESSBACK NUMBER

【春高バレー】驚き! 身長210センチ牧大晃の柔らかい動き “宝”を預かる若手監督の近道しない指導とは?

2021/01/14 06:00

 

準々決勝で優勝した東福岡に敗れたが、別格の存在感を発揮した高松工芸の牧大晃。まだ2年生だ

photograph by

Sankei Shimbun

 身長210cmの高校2年生。それだけでも日本の男子バレーボール界にとっては夢のある話だが、1月5日から開催された春高バレーで、高松工芸高校の牧大晃(ひろあき・2年)が見せたプレーは、さらなる衝撃をもたらした。

 大型選手に対して周囲が勝手に描いていたイメージを、牧は次々に覆していく。動きがいい。柔らかい。器用。

 まだバレーボール歴が4年半ほどで、高校で初めて経験する全国大会ということもあり、初戦の立ち上がりはガチガチに緊張し、ジャンプサーブがネットの下をくぐってしまうほどだった。だが徐々に緊張がほぐれるにつれ、スケールの大きなプレーで存在感を放った。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加