メニュー
閉じる
戻る
閉じる

プロ野球亭日乗BACK NUMBER

“借金処理”の確執も超えて…桑田真澄コーチ就任のウラにある原辰徳監督の“聖域なき改革”とは

2021/01/13 17:30

 

原辰徳監督(左)と並んで会見に臨んだ桑田真澄一軍投手チーフコーチ補佐

photograph by

SANKEI SHINBUN

 異例の人事と言ってもいいだろう。

 巨人が1月12日にOBで解説者の桑田真澄さんの一軍投手チーフコーチ補佐への就任を発表した。

 普通ならば昨シーズン終了後に確定するはずのスタッフ人事。それが年も明けキャンプインを3週間後に控えたこの時期の異例の発表となった経緯を、原辰徳監督はこう説明した。

「昨年暮れの12月28日、最後に(山口寿一)オーナーと話をしました。その時にジャイアンツOBで非常に気になる後輩がいる、と。ぜひ巨人のために、巨人はもちろん全てに於いて戦力になってもらいたい人がいる、と。それが桑田真澄でした」

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加