メニュー
閉じる
戻る
閉じる

スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

【箱根駅伝】駒大“大逆転”のウラ側…コーチの証言「大八木のゲキは選手への『愛』なんです」

2021/01/15 17:02

 

10区で2位の駒大・石川拓慎(3年)が創価大・小野寺勇樹(3年)を振り切った

 箱根駅伝を終えて、秋から取材に使ってきた数冊のノートを整理する。監督、選手たちの声が膨大な文字となって記されている。

 ずっと読んでいると、駒澤大学の藤田敦史コーチを取材した際のメモが目に入ってきた。Number 1017号「箱根駅伝 ベストチームを探せ!」で、「大八木弘明、進化する愛の名将」を書く際に使ったノートである。

 藤田コーチは1995年に駒大に入学し、そのシーズンの最中にOBの大八木氏がコーチとして母校に戻ってきた。

 福島県出身のふたりにとってこれは運命的な出会いで、学生時代には箱根駅伝出場4回、4年生で走った4区では当時の区間新記録を樹立した。そして卒業間際に走ったびわ湖毎日マラソンでは2時間10分07秒のタイムで2位に入り、世界陸上セビリア大会の代表となって6位に入賞した。当時から寮母の役割を担っていた大八木監督の夫人、京子さんはこう振り返る。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加