メニュー
閉じる
戻る
閉じる

球体とリズムBACK NUMBER

マンUがひっそり停滞脱出? 混戦プレミアで首位、批判にも貫くスールシャール監督流“人心掌握術”とは

2021/01/16 11:00

 

現役時代は頼れるスーパーサブとしてファーギー王朝を支えたスールシャール。彼の手によってついにユナイテッドが復権を果たすのか

photograph by

Getty Images

 気がつけば、マンチェスター・ユナイテッドがプレミアリーグの首位に立っている。ファンのいない静かな敵地ターフ・ムーアでバーンリーに1-0でしぶとく勝ち、混戦の上位陣からひっそりと抜け出した彼らの強さは本物なのか。

 チームを率いるのは、少し前まで「力不足だ」とか、「戦術を知らない」とか、「更迭せよ」とか、方々で言われていたオレ・グンナー・スールシャール監督だ。もっともそうした声の大半は、SNS上でヒステリックに書き殴られていたものだけれども。

 確かに今季のユナイテッドは、浮き沈みが激しい(でもそれはライバルたちにも共通していることだ)。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加