メニュー
閉じる
戻る
閉じる

セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

【CL・Rマドリー戦は?】 “奇跡の地方クラブ” アタランタの岐路 反逆事件を起こした主将をスパッと切って…

2021/01/19 06:00

 

いざこざが起きたガスペリーニ監督率いるアタランタだが、ゴメスを戦力外としたことで再び結束なるか

photograph by

Getty Images

 “プロビンチャーレの星”アタランタが割れた。

 2年連続でCL決勝トーナメント進出を決めた奇跡の地方クラブは今、大きな岐路に立っている。

「ノー! ノーと言ったらノーだ!」

 発端は、昨年12月1日に遡る。ベテラン主将アレハンドロ・ゴメスが、監督ジャンピエロ・ガスペリーニへ造反したのだ。

 CLグループリーグ第5節で、FCミッティランを本拠地ベルガモに迎えたアタランタは、先制され前半から押し込まれた。指揮官ガスペリーニは打開策として攻撃の要ゴメスに「右サイドへポジションを移せ」とくり返し命じたが、主将は従うどころかあからさまに拒否。明白な反抗の意思を含む怒鳴り声が無観客のスタジアム中に響いた。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加