メニュー
閉じる
戻る
閉じる

ブンデス・フットボール紀行BACK NUMBER

【祝37歳】長谷部誠の“怪物化”にフランクフルト重鎮が感服… 本人は「カズさんには敵わない」と謙虚

2021/01/18 18:00

 

ここ数年、長谷部誠のプレーヤーとしての評価は高まるばかりだ。そのプレーをまだまだ、見ていたい

 ドイツ・ブンデスリーガのアイントラハト・フランクフルト(長谷部誠と鎌田大地が所属)はリーグ第15節アウェーのマインツ戦、第16節ホームのシャルケ戦に勝利して、今季初の4連勝を果たしました。

 公共交通機関を利用して約1時間の距離にあるフランクフルトとマインツを本拠とするチームの対戦は『ライン・マインダービー』とも称されますが、アイントラハトが敵地でこのダービーに勝利したのは実に34年ぶりのことになるそうです。

 ただ、アイントラハトのサポーターからするとマインツ戦を『ダービー』とするのは、なんだか承服できない様子です。知人のドイツ人アイントラハト・サポーターに聞くと、「近隣の目の敵は、ダルムシュタットなんだよね(フランクフルトからダルムシュタットまでは公共交通機関で所要時間約20分)。マインツ? 特に眼中にないよ」とのこと。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加