メニュー
閉じる
戻る
閉じる

箱根駅伝PRESSBACK NUMBER

青学主将はビール会社、あの東洋イケメン選手は…箱根駅伝で「活躍した4年生」はどこへ行くのか?

2021/01/20 11:02

 

青学大主将の神林勇太(左)と、東海大エース・名取燎太(右)

photograph by

JMPA/Yuki Suenaga

 駒澤大学の奇跡的な逆転優勝で幕を閉じた今年の箱根駅伝。

 特に前評判から1、2年生の活躍が注目され、上級生にあまりスポットライトが当たらなかった。それでも意地を見せて素晴らしい走りをしたのは、各大学の上級生、とりわけ4年生だった。「さすが」と唸らせてくれた彼らは春から実業団で新たな目標に向かって進むことになる。

 優勝した駒大の4年生では、主将の神戸駿介が小森コーポレーション、今年の箱根で3区2位と快走した小林歩がNTT西日本、伊藤颯太が九電工、加藤淳が住友電工、小島海斗がヤクルトに入社予定だ。

 なかでも興味深いのは、小林である。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加