メニュー
閉じる
戻る
閉じる

フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

高橋大輔&村元哉中について、全米選手権アイスダンスメダリストが目を輝かせて語ったこととは?

2021/01/21 11:02

 

昨年のNHK杯での高橋大輔と村元哉中

photograph by

Koki Nagahama-ISU via Getty Images

 1月16日、ラスベガスで開催されていた全米選手権でアイスダンスの決勝が行われた。

 4度目の優勝を果たしたのは、マディソン・フベル&ザカリー・ドノヒュー。2位はマディソン・チョック&エバン・ベイツ、3位はケイトリン・ホワイエク&ジャン=ルック・ベイカー。いずれも、多くのアイスダンスメダリストを育ててきたカナダのマリーフランス・デュブリュイユとパトリス・ローゾンのコーチチームの生徒たちである。

 ダイナミックでスピードのある滑りが持ち味のフベル&ドノヒュー、身体の柔らかさを駆使したリフトなどが得意なチョック&ベイツ、アーティスト気質のホワイエク&ベイカーと、それぞれ全く違ったタイプの3チームは、他の組を引き離して抜き出ていた。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加