メニュー
閉じる
戻る
閉じる

Number ExBACK NUMBER

伊藤みどり、荒川静香…歴戦のプログラム編曲者が語る羽生結弦「なぜ羽生君の『SEIMEI』は音にピタリとハマるのか」

2021/01/22 17:03

 

昨年の四大陸選手権で2季ぶりに『SEIMEI』を演じた羽生。新ルールに合わせた30秒縮めた編曲も矢野さんが担当した

photograph by

Asami Enomoto

 これまで30年以上にわたり、フィギュアスケートの大会での音響(PA)、そしてプログラム編集を手がけてきた矢野桂一さん。羽生結弦の代表的プログラムの一つである『SEIMEI』や、昨年末の全日本選手権で披露された『天と地と』などの編曲も担当した人である。

 矢野さんのフィギュアスケートとの出会いは35年前。ヤマハに務めていた時代に、1985年のNHK杯で音響を担当したことだった。以来、主要大会で音響を担当し信頼を得ていった矢野さんのもとへ、88年に初めて、プログラムの楽曲の編集の依頼が訪れた。

「編曲を始めて手がけたのは、伊藤みどりさんの88-89年のショートプログラム『華麗なるタンゴ』でした。当時、ヤマハの生徒さんが作った曲を提供することになり、音響エンジニアとしてフルオーケストラのレコーディングを担当しました。その時に山田満知子先生が『ここでみどりがトリプルアクセルやるから、何かバーンっという音がほしいのよ』とおっしゃり、オーケストラのシンバル音を足したのを、よく覚えています」

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加