メニュー
閉じる
戻る
閉じる

プロ野球亭日乗BACK NUMBER

「中6日なら15球×9回の135球」桑田真澄コーチの指導で「完投」を期待、2人の20歳“右の本格派”とは

2021/02/02 17:04

 

キャンプ初日にノックも披露した桑田真澄投手チーフコーチ補佐

photograph by

Sankei Shinbun

 2月1日のキャンプイン。巨人の桑田真澄投手チーフコーチ補佐は、東京ドームで始動した。

 宮崎の主力組と離れてベテランと外国人選手を中心にした「S(スペシャル)班」のキャンプ。午前11時半にミーティングを終えてグラウンドに現れた選手たちは、ユニフォーム着用免除のためトレーニングウエアでの練習となった。

「(ユニフォームを着るのは)宮崎に行ってからになりますね」

 こう語った桑田コーチも黒のトレーニングウエアにマスク姿での初指導。

 キャッチボールでは鍵谷陽平投手の脇について、じっくりスローイングを観察。その後はノックバットを持って投手陣にノックを打つと、野手の打撃練習では外野の守備にも入り“ファインプレー”も披露した。外野で行った村田善則ブルペンコーチを相手にしたキャッチボールでは、かなり力のあるボールを投げ込んでもいた。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加