メニュー
閉じる
戻る
閉じる

フランス・フットボール通信BACK NUMBER

「すべては即興だった」動くだけで脅威たりえた規格外のストライカー、ロナウドが愛した「9番」の醍醐味

2021/02/28 17:01

 

レアル・マドリーには5シーズン在籍。02年にはFIFA最優秀選手賞に輝く活躍を見せた

photograph by

Pierre Lahalle/L’Équipe

 フレデリック・エルメル記者によるロナウドインタビューの後編である。

 ブラジルサッカーが攻撃的である理由と自らのプレーの本質、今日のサッカーの変化とそのなかでのストライカーの役割、さらには2002年日韓W杯決勝直前のエピソードまで。若かりし日、そのプレーで世界に衝撃を与えたロナウドが語った。(全2回の2回目/#1から続く・肩書などは掲載当時のままです)

(田村修一)

――ストライカーにはパサーが必要です。あなたにはたくさんいましたが、誰が印象に残っていますか?

ロナウド 本当にたくさんいて……全員の名前を挙げないと公平じゃないだろうな。彼らから受けた無数のパスについて、僕に不満を言う権利は何もない! クルゼイロやPSVでの経験、バルサのペップ・グアルディオラとイバン・デラペーニャ、インテルのディエゴ・シメオネとイバン・サモラーノ、ハビエル・サネッティ、レアルのジネディーヌ・ジダンとグティ、ミランのアンドレア・ピルロとクラレンス・セードルフ、それからコリンチャンスのドゥグラス……。もちろんリバウドやロナウジーニョ、ベベット、レオナルドをはじめとするセレソンのチームメイトたちも……。この機会を借りて、彼らに改めて感謝の意を表したい。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加