メニュー
閉じる
戻る
閉じる

JリーグPRESSBACK NUMBER

「ははは、分かんない…ボクを出したら優勝できるんで」“ヴェルディの異端児”石塚啓次46歳、27年前・伝説のインタビューを振り返る

2021/02/20 17:05

 

京都府立山城高校から93年にヴェルディ川崎入りした石塚啓次

 Jリーグ草創期、全国的な人気を集めたヴェルディ川崎。三浦知良、ラモス瑠偉、武田修宏……スター軍団で異色な存在だったのが石塚啓次だ。03年に引退。いまはスペインに移住し、うどん屋を営む。その石塚が振り返る現役時代、そしてあの伝説のヒーローインタビュー。(全3回の2回目/#1#3へ)

「もっと(懸命に)やっておけばよかったという思いはありますよ。ヴェルディの練習は面白かった。紅白戦なんて試合よりも強い相手とできるんやから。下手なやつはおらんし、ラモス(瑠偉)に対しても『かかってこいよ、コラッ!』って感じで向かっていって、毎日ゾクゾクしてた。やから(選手として)もう一皮剥けへんかったんかもね(苦笑)」

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加