メニュー
閉じる
戻る
閉じる

テニスPRESSBACK NUMBER

大坂なおみが夢見る「一番素敵なこと」… “23歳4カ月の全豪2度目制覇”で一致、セリーナの境地へ近づくカギとは

2021/02/21 17:04

 

心技体がそろった感のある大坂なおみ。2年ぶり2度目の全豪制覇は、彼女が名実ともに女王となった大会として語り継がれるのかもしれない

photograph by

Hiromasa Mano

 グランドスラムで優勝したい、ナンバーワンになりたい、歴史を作りたい――。10代の頃の大坂なおみは、大きな夢をいくつも語り、多くを実現させてきた。今まだやり残していることで、これから達成したいことは何か、そんな質問に大坂は引退も近いベテラン選手のようなことを言った。

「変に聞こえるかもしれないけど、できるだけ長く現役を続けて、好きな選手は私だったと言ってくれる女の子といつか試合をしたいわ。それって、私にこの先起こるかもしれない一番素敵なことだと思うの」

 自分自身が高みを目指してがむしゃらにチャレンジしていた日々は、そう遠い過去の話ではない。年下との対戦は苦手だと語り、1年前のこの全豪オープンでは7歳下のコリ・ガウフとの試合に敗れて痛い目にあった。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加