メニュー
閉じる
戻る
閉じる

Number ExBACK NUMBER

【三笘薫×増田啓介】“自称ガリガリ”な川崎の2人が語るサッカーとバスケのドリブル論 共通点は「視野」と「スピード」

2021/02/24 11:03

 

盛り上がったドリブル論。互いにその力を認め合い、刺激を得たようだ

photograph by

L)B.LEAGUE R)J.LEAGUE 

 同じ筑波大学出身で、同じ23歳。同じ川崎をホームタウンに置くプロスポーツチームで活躍する川崎フロンターレの三笘薫と川崎ブレイブサンダースの増田啓介の対談、全2回の後編です(前編から読む)。

――サッカーとバスケ、競技こそ違いますが、お二人のプレーの共通項を探すなら「よく見えているな」と視野の確保による判断の良さがあるように思います。

三笘 ボランチの選手なら360度見なきゃいけないですけど、僕はサイドなので180度。ボールを受ける前にある程度、相手と味方の位置は把握しやすいというところはあると思います。ドリブルの姿勢がいいとはよく言われますね。背筋が伸びている感じもあって“周りもよく見えているんじゃないか”と思われているのかな、と。スルーパスは小さいときから得意ではありましたけど、視野の広い選手と比べれば全然まだまだです。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加