メニュー
閉じる
戻る
閉じる

濃度・オブ・ザ・リングBACK NUMBER

“フェリス女学院卒のプロレスラー”雪妃真矢が銀行員から“転職”した理由 「DDTを見てなかったら私は…」

2021/02/24 11:01

 

(左から)安納サオリ、雪妃真矢、赤井沙希。雪妃は異色の経歴を持つ女子レスラーとして新たな闘いに挑もうとしている

photograph by

DDTプロレスリング

 今年初となるDDTのビッグマッチ、2月14日のカルッツかわさき大会では、ベテラン秋山準のシングル王座戴冠が大きな話題となった。全日本プロレスからノア旗揚げに参加し、古巣に戻って全日本の社長を務めていた時期もある秋山がインディーの雄というべきDDTに参戦し、チャンピオンに。翌日には秋山のDDT正式入団、ヘッドコーチ就任も発表された。

 そんな重要かつシリアスな試合もあれば、前半戦では男色ディーノとMMAの強豪である青木真也がリングで尻を出して「ア〇ル電源」で会場の照明をつけたり消したりするのもDDT。男女ミックスドマッチ、女子選手4人のタッグマッチもあった。DDTの赤井沙希がアイスリボンの雪妃真矢(ゆきひまや)と組み、フリーの安納サオリ、松本都と対戦している。“ビジュアル力”も高い人気選手3人に加わった松本はいわば異能派。1人だけの団体『崖のふち女子プロレス』を主宰し、昨年はコロナ禍の中で無観客どころかリング上にも誰もいない『無人プロレス』を実現させた。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加