メニュー
閉じる
戻る
閉じる

熱狂とカオス!魅惑の南米直送便BACK NUMBER

貧民街育ちの女性柔道家を金メダリストに… ブラジルで指導、藤井裕子監督に感じる“夫婦の新たな形”とは

2021/02/24 17:12

 

ラファエラ・シルバと藤井裕子監督。厚い信頼関係で結ばれている

東京五輪開幕が約5カ月後に迫る中で、ブラジル柔道男子代表の監督は、日本人女性の藤井裕子さんが務めている。彼女の非常にユニークなキャリア、そして夫と子育てしながらの監督業について、夫婦インタビューでお届けする(全3回の第3回/#1#2はこちら)

 リオ五輪を目指して強化を続けるブラジル柔道で、「金メダル候補」として大きな期待を担ったのが女子57kg級のラファエラ・シウバだった。

 リオの“ファベーラ”と呼ばれる貧民街の出身で、子供時代は喧嘩に明け暮れた。貧困家庭の子弟に無償でスポーツを教えるNGO団体で柔道を始め、2011年の世界選手権で2位。しかし、メダルを期待された2012年ロンドン五輪で、2回戦でまさかの反則負け。一部の心ない人から、人種差別的な誹謗中傷を受けた(この大会の同じ階級で金メダルを取ったのが、“野獣”こと松本薫である)。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加