メニュー
閉じる
戻る
閉じる

バレーボールPRESSBACK NUMBER

優勝は逃したが…東レ女子“21連勝の立役者”石川真佑20歳の「頼もしい」成長ぶり 2つの課題を克服できたワケ

2021/02/25 17:00

 

Vリーグ決勝、JTに敗れて悔しい表情を見せる石川真佑(20歳)。「弱さが出た」とさらなる成長を誓った

photograph by

Yukihito Taguchi

 東レアローズ・石川真佑が今季、途中交代を命じられたのは、2度目だった。

 1度目は1月30日のNEC戦。思うように攻撃が決まらず、第2セット序盤に交代を告げられてベンチに下がるも、カイロがなければ凍えるほど寒いウカルちゃんアリーナ(滋賀県立体育館)のアップゾーンでジャージは着ない。その背中から、声が聞こえるようだった。
「私を出せ、出してくれ。もう一度、やり返すチャンスがほしい」

 その願いが通じたのか、3セット目から再びコートに戻った石川は明らかにギアチェンジ。「めちゃくちゃ悔しかった。取り返しにいかなきゃ、と燃えていた」と、得意なコースに放つサーブが威力を増し、さらには高さ、角度、どちらも“えげつない”スパイクを次々打ち込んだ。自ら得点をもぎ取った結果、セットカウント0-2からの逆転勝ちに貢献した。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加