メニュー
閉じる
戻る
閉じる

サムライブルーの原材料BACK NUMBER

松田直樹への思い、18歳息子との直接対決…松本山雅・田中隼磨38歳が語る覚悟「今、僕は試されている」

2021/02/25 11:03

 

昨年はキャプテンを務めたものの怪我に泣いた田中。今季に並々ならぬ覚悟で臨む

photograph by

Hiroki Watanabe/Getty Images

 ベテラン扱いなんか要らない。

 個人的な意地でそう主張しているのではなく、松本山雅が松本山雅であるために、自分が先頭に立ってやらなきゃいけない。その使命を胸に刻んで、38歳の田中隼磨は例年のごとくキャンプ地で猛然と走りまくっている。

 昨シーズンは8月に右ひざ外側半月板損傷で試合復帰まで3カ月を要した。監督やコーチの立場からすればそのケガもあってコンディションのコントロールを考えるのは理解できる。だが本人としては配慮に感謝しつつも、ひざも問題なく、目いっぱい走れるんだからリミットまでやるだけだ。

 鹿児島キャンプの終盤、リモートインタビューに応じた彼はいつものように熱っぽく語り始めた。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加