メニュー
閉じる
戻る
閉じる

“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

【川崎に新加入】「自分は“フロンターレっぽい選手”ではない」法政大ボランチ松井蓮之にスカウトが受けた衝撃とは

2021/02/25 18:00

 

川崎フロンターレへの2022年シーズン加入を発表した法政大MF松井蓮之。フィジカルと豊富な運動量が武器のボランチだ

photograph by

Naoki Nishimura/AFLO

 先日のゼロックススーパーカップで早くも今季初タイトルを獲得した王者・川崎フロンターレ。2022年の新戦力補強でも早速、動きを見せている。

 2月25日、法政大学3年・MF松井蓮之(れんじ)の22年シーズン加入内定を発表した。川崎にとって来季新加入選手の第一号となる。

 松井は屈強なフィジカルと豊富な運動量を駆使して、相手のチャンスの芽を摘み取る将来性豊かなボランチだ。選手権ベスト4を経験した矢板中央高時代のプレーを覚えている人も多いかもしれない。

 法政大でレギュラーの座を掴んだのは大学3年の昨季から。いわば、“遅咲き”の選手だが、恵まれたフィジカルと高い危機察知能力に加え、試合経験を積んだことで攻撃面が大きく成長。GKとDFラインのビルドアップから、サイドと中央を使い分けながらテンポ良く崩す法政大において、ボランチ松井が見せる攻撃参加は大きなアクセントになったのだ。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加