メニュー
閉じる
戻る
閉じる

プロ野球亭日乗BACK NUMBER

【インタビュー】原辰徳監督「110球くらいで『あ~っ』なんていう投手をオレは先発には使わない」

2021/02/27 11:04

 

ドラフト1位の平内龍太投手(手前)の投球を見守る宮本和知投手チーフコーチ(左)と原辰徳監督

photograph by

JIJI PRESS

 巨人・原辰徳監督のインタビュー第2回。桑田真澄投手チーフコーチ補佐の就任で投手陣の意識改革に着手した今年の巨人。連覇の背景には原辰徳監督の采配力を背景にした全員野球があったが、今年はそれとは全く違う「落ち着いた野球」を目指すという。
(全3回の2回目/#3#1はこちら)

――昨シーズンは川上哲治元監督の持つ巨人の監督通算最多勝利1066勝を更新し、最終的には1091勝まで記録を伸ばしました。やはり連覇の重要な決め手の1つだったのが監督の用兵、采配だったと思います。今年はその点にも変化がありますか?

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加