メニュー
閉じる
戻る
閉じる

オリンピックPRESSBACK NUMBER

「東洋の魔女」生理でも練習させて…当時も賛否両論 日本の女性アスリートたちは“誰と”戦ってきたか?

2021/02/28 17:02

 

1988年ソウル五輪、1992年バルセロナ五輪に出場した小谷実可子(1988年撮影)

 東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長の辞任を受けて、前五輪担当大臣の橋本聖子がそのポストを引き継いだ。2月24日には、橋本は会長就任後初めて国際オリンピック委員会(IOC)の理事会にオンラインで参加、組織委のプレゼンテーションを行った。その席で「ジェンダー平等推進チーム」を設置すると報告、同チームのリーダーを組織委のスポーツディレクターである小谷実可子が務めることも発表された。

 会長就任早々、過去のセクハラ疑惑があらためて取り沙汰されるなど波乱含みの出発となった橋本は、1964年の東京五輪の開幕5日前に生まれ、その名も聖火にちなんでつけられた。小谷も1966年生まれとほぼ同年代であり、アスリートとしてやはり橋本と同時期にオリンピックで活躍した。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加