メニュー
閉じる
戻る
閉じる

水沼貴史のNice Middle!BACK NUMBER

38歳大久保嘉人の衰えない得点感覚は何がすごい? 三笘薫は「見えている世界が…」【水沼貴史の“試合翌日解説”】

2021/03/04 17:10

 

古巣川崎フロンターレを相手に2ゴールを奪った大久保嘉人。今季はすでに3ゴールを挙げ、頭・右足・左足とシュートパターンの多彩さを見せつけている

 昨日、川崎フロンターレvs.セレッソ大阪(ACL開催を受けてのJ1第11節)の試合を解説しました。

 セレッソは敗れましたが(2-3)、FW大久保嘉人の存在感が際立っていましたね。2ゴールを挙げて、これで今シーズンすでに3点目。今年で39歳になるのに、まだまだ可能性を感じさせてくれるストライカーだなと思います。

 昨年はJ2の東京ヴェルディでプレーしましたが、なかなか点を取れず、またここ2~3年を振り返っても目立った結果を出せていなかった。そういう意味で、古巣セレッソへの復帰は原点回帰のような、再びサッカーの楽しさを思い出せる時間になっているのではないでしょうか。外野から見ても体が絞れていて、コンディションも良さそう。家族と離れ、単身で大阪に乗り込んでいるようですし、その辺りの寂しさをサッカーにぶつけているようにも感じます。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加