メニュー
閉じる
戻る
閉じる

サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

“アジアの壁”井原正巳が振り返る<16歳の冨安健洋に福岡で初めて会った日>「僕が柱谷哲二さんから学んだように…」

2021/03/25 11:02

 

2015年シーズン、アビスパ福岡。16歳だった冨安健洋は井原正巳と出会う。天皇杯でスタメン起用される

photograph by

J.LEAGUE

 東京オリンピックまであと4カ月――。この3月シリーズではベストメンバーでアルゼンチン代表を迎え撃つことが予想されたが、五輪世代で唯一、冨安健洋だけが日韓戦、モンゴルとのW杯予選を行うA代表に選出された。

「彼は代表のコアなメンバーとしてスタメンで出られるだけのプレーを見せてきたし、所属チームでもそうしたプレーを見せている。だから彼にはA代表に来てもらった」

 両チームを率いる森保一監督の言葉を聞けば、この22歳のセンターバックがいかにA代表に欠かせぬ戦力なのかが分かるだろう。そんな冨安をセンターバックとして育て上げ、プロデビューへと導いた人物がいる。かつてアビスパ福岡の指揮を執り、現在、柏レイソルのコーチを務める井原正巳だ。

「アジアの壁」と呼ばれた日本代表の名センターバックは、セリエAのボローニャで奮闘する教え子のことを、どう見ているのか。そして、“ドーハの悲劇”で知られるオフトジャパン時代の盟友、森保監督についても訊いた(全2回の1回目/後編はこちら)。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加