メニュー
閉じる
戻る
閉じる

サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

“ドーハ組”井原正巳が選ぶ日本代表史上最高のセンターバックは誰?「冨安健洋には“この3人”を追い抜いて欲しい」

2021/03/25 11:03

 

93年10月、アメリカW杯最終予選イラク戦のスタメン。右から森保一、堀池巧、井原正巳、松永成立、柱谷哲二

photograph by

JIJI PRESS

 五輪世代で唯一、日韓戦、モンゴルとのW杯予選を行うA代表に選出された冨安健洋。そんな冨安をセンターバックとして育て上げ、プロデビューへと導いた井原正巳。井原に“教え子”冨安のこと、そして、“ドーハ組”の盟友、森保一監督についても訊いた。(全2回の1回目/前編はこちら)。

――冨安選手がどんな選手なのか森保監督に伝える機会があったと。どんなことを伝えたんですか?

井原 スピードもあるし、左右両足で同じように蹴れる。それにボランチもセンターバックもできるし、3バックの真ん中、両サイドもできるユーティリティな選手だと。森保監督も冨安のことをかなり気にしてくれたみたいです。もちろん最初はA代表というより、オリンピック代表として関心があったのかなと思いますけど。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加