メニュー
閉じる
戻る
閉じる

話が終わったらボールを蹴ろうBACK NUMBER

ハードワークを美化せず…昇格大本命・京都サンガに見る“湘南スタイル” 最強「川崎Fスタイル」と何が違う?

2021/03/28 06:00

 

武富孝介、ピーター・ウタカによる2点で、大宮に勝利した京都サンガ

photograph by

J.LEAGUE

「よっしゃ」

 静まり返ったNACKスタジアムに京都ベンチから控え目な歓喜の声が響く。

 前試合、ホームで磐田に4点を叩き込まれ、3-4で敗れた。中2日で臨んだ大宮戦、ここで負けるとズルズルいく危険性をはらんでいたが、勝利で食い止めることができた。

 13日に雷による影響で延期となり、試合は前半19分、1-0から再開された。先制点は、中止1分前に生まれた。右サイドの飯田貴敬から中央にいた武富孝介にロングボールが入り、胸で落としたボールをピーター・ウタカが受け、左サイドの荻原拓也に展開。荻原はそれを持ち込んでシュートを放ち、GKが反応したが、こぼれたボールを武富が詰めた。まるで練習のように美しく、攻撃の完成度の高さを見せつけたゴールだった。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加