メニュー
閉じる
戻る
閉じる

フィギュアスケートPRESSBACK NUMBER

トリノで“誰も信じなくなった”安藤美姫が2度の世界女王になるまで「記録ではなく記憶に残る選手になりたかった」

2021/04/14 11:01

 

現役引退から8年が経った安藤美姫さん(33)

photograph by

Nanae Suzuki

 メディアの異様なフィーバーに晒され、2006年トリノ五輪15位惨敗のバッシングに傷ついた安藤は、「人を信じないようにする」ことで強くなった。だが荒川静香選手の華やかな優勝報道の陰で、傷だらけだった18歳の彼女を支えたのも「人」だった。トリノの会場の外で「こんな大きな会場で4回転に挑んでくれてありがとう。勇気をもらったわ」と声をかけてくれたある女性の言葉が、スケートをやめようと決めていた安藤に別の感情を芽吹かせる。

「私のジャンプを、4年後を期待してくれる人たちがいる。自分をサポートしてくれる、力をくれる人たちを信じたい」。自分を励ましながら、安藤は自分のスケートキャリアの起点であった恩師、門奈裕子コーチの下でジャンプを作り直し、「安藤美姫を振り付けたい」と自らオファーをくれたニコライ・モロゾフコーチのもとで表現を学び、より大人びた女性としての演技力を磨き、ついにスケート人生の最盛期を迎える。

 一度はスケートから離れることを決意した安藤美姫は、いかにして2度の世界選手権制覇を果たすトップアスリートに返り咲いたのか。奇跡の復活から引退発表まで、本人に話を聞いた(全3回の2回目/#1#3へ)

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加