メニュー
閉じる
戻る
閉じる

Jをめぐる冒険BACK NUMBER

韓国に覇気がなくても「自主性」発揮、遠藤航&守田英正コンビ… “史上最も難しい日韓戦”で森保ジャパンに大収穫

2021/03/26 17:05

 

韓国撃破を決定づける3点目を奪った遠藤航。今や吉田麻也とともに欠かせないコアメンバーだ

 なんとも難しいゲームだった。日本代表がこれまでに行った親善試合の中で最も難しいゲームだったと言えるかもしれない。

 対戦相手の韓国は信じられないほど覇気がなく、考えられないほど闘う姿勢を欠いていた。しかも結果は3-0の完勝である。

 それなのになぜ、難しいゲームだったのか――。

 試合は木曜の夜だというのに、合宿がスタートしたのは月曜で、チーム最後の合流者となった吉田麻也と守田英正は月曜の23時30分に羽田空港に降り立った。

 選手全員が揃って練習をしたのが試合2日前。しかも、新型コロナウイルス感染防止のため、海外組と国内組は可能な限りの隔離策が採られた。ホテルのフロアが異なるだけでなく、使用するエレベーターも、移動のバスも、食事の会場も、海外組と国内組は別々だったのだ。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加