メニュー
閉じる
戻る
閉じる

Jをめぐる冒険BACK NUMBER

田中碧の“皇帝感”に万能な板倉滉… 東京五輪世代レギュラー争いは未招集組を含めてハイレベル【最新序列図あり】

2021/04/01 06:01

 

プレーだけでなく中盤での声掛けも貫禄十分だった田中碧と、CB・ボランチで万能性を見せた板倉滉

photograph by

Naoki Morita/AFLO,JMPA

 ひとりの選手の存在によってこれだけチームが変わるのを見たのは、1997年5月の日韓戦で代表デビューを飾ったときの中田英寿以来だ。

 ちょっと大げさかもしれないが、3月29日に行われたU-24アルゼンチン代表との第2戦で田中碧が示したパフォーマンスと存在感には、それだけのインパクトがあった。

 アルゼンチンのプレスをモノともせずにボールを引き出し、軽快にさばく。狭いスペースで苦もなく受けて、素早くターンする。敵が1、2mの距離にいても、田中自身にとってはフリーという感覚だろう。

 あまりの頼もしさにチームメイトも途中から、まずは田中を見るようになり、敵が近くにいてもボールを預けるようになった。同じピッチに立ったチームメイトから絶大な信頼を勝ち取ったわけだ。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加