メニュー
閉じる
戻る
閉じる

話が終わったらボールを蹴ろうBACK NUMBER

久々の「国内&海外組」 森保ジャパン“ポジション争い”を激化させた「注目の3選手」は誰か?

2021/03/31 17:04

 

今回、初招集組で、大きな爪痕を残したのが山根視来(川崎)

 韓国を3-0で破り、カタールW杯2次予選でモンゴルを14-0と圧倒した日本代表。

 今回は、昨年の欧州遠征とは異なり、海外組と国内組をミックスした編成だったが、今シーズンの活躍を受けて初招集の選手、久しぶりに招集された選手が比較的多かった。非常にフレッシュなチームになったが、果たして、その中から日本代表のポジション争いに刺激を入れられる選手が出てきたのだろうか――。

 今回、初招集組で、大きな爪痕を残したのが山根視来(川崎)だ。

 韓国戦で右サイドバックとしてプレーし、1ゴールを挙げ、守備も1対1のマッチアップからカバーまで相手に臆することなく対応できていて、デビュー戦だったが素晴らしい内容だった。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加