メニュー
閉じる
戻る
閉じる

サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

「ブレーメンでMF起用」不遇の大迫勇也が“代表初のハットトリック”で証明した自らの“戦闘スタイル”

2021/03/31 18:10

 

モンゴル戦で代表初となるハットトリックを達成した大迫勇也

 3-0と勝利した韓国戦、それに続くW杯アジア2次予選モンゴル戦での14-0の大勝。文字通り得点力が爆発した3月の日本代表2戦。その中心にいたのが大迫勇也だった。

 前線でくさびのパスを受ける巧みなポストプレーは力強く、大迫のパスはフィニッシュする選手たちにとって優しく、相手DFにとっては脅威になる。韓国戦ではゴールはなかったものの2アシスト。

「素早く、いいところへ流せたかな。起点を作るシーンが多かったので得点がなかったのはしかたがないのかなと。素直に試合に勝てたことがうれしかった」

 少しだけ表情を緩ませながら大迫は「楽しかったです」と試合を振り返った。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加