メニュー
閉じる
戻る
閉じる

Number Web MoreBACK NUMBER

「努力は必ず報われる」池江璃花子、復活優勝&五輪内定… 15歳だった“5年前の4月4日”も鮮烈な泳ぎで涙があふれた

2021/04/05 11:00

 

2016年の競泳日本選手権、女子100mバタフライで優勝し、感極まる池江璃花子(手前は星奈津美)。

2021年4月4日、池江璃花子が競泳日本選手権の女子100mバタフライ決勝で57秒77の記録で3年ぶりの優勝を果たし、400メートルメドレーリレーの東京五輪代表に内定しました。白血病を克服し、偉業を成し遂げた稀代のスイマーは感激の涙を流し、「自分がすごく自信なくても、努力は必ず報われるんだなと思いました」と語りましたが、5年前の同じ日にも快挙を達成しています。その記事を再公開します(初公開:2020年4月4日)

 今なお、その衝撃は忘れがたい。

 2016年、4月4日から10日にかけて行なわれた競泳日本選手権での池江璃花子の泳ぎは、鮮烈のひとことに尽きる。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加