メニュー
閉じる
戻る
閉じる

バレーボールPRESSBACK NUMBER

「もう絶対に逃げません。覚悟はできました」新キャプテンの“裏切り”を、山村監督はなぜ許した?【サントリー14年ぶりのVリーグ優勝】

2021/04/08 17:00

 

14年ぶりの優勝を果たしたサントリーサンバーズ。その裏には主将を務めたセッター大宅真樹の成長があった

 約半年間に渡って開催されてきたバレーボールの2020-21V.LEAGUE は、4月4日にDIVISION1のファイナルが行われ、サントリーサンバーズが14年ぶりの優勝を果たした。

「サントリーさんは、今シーズン、すべてがダントツだった」

 ファイナルで敗れたパナソニックパンサーズの深津英臣主将の言葉だ。4季連続でファイナルに進出した強豪パナソニックが、今季はレギュラーラウンドを含めサントリーと5回対戦し、全敗に終わった。深津はこう続けた。

「サーブ、トス、スパイク、それにパス(サーブレシーブ)も含めすべて。サーブは『またいいサーバーがいる』と打たれる前からすごく嫌だった。こちらがサーブで崩しても、セッターの大宅(真樹)がしっかりと(スパイカーに)託して決めてきますし、ちょっとでも緩いサーブを打つといいパスが返るし、スパイカーもみんなすごくいい。本当にダントツだったと思います」

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加