メニュー
閉じる
戻る
閉じる

Jをめぐる冒険BACK NUMBER

王者川崎に0-1の善戦も「勝ちに来たから悔しい」…若き鳥栖とミョンヒ監督、勇敢な“超攻撃”と巧みな配置転換の可能性

2021/04/09 11:02

 

川崎戦後、樋口雄太は悔しさをにじませたという。見据える志が高いからこそ、今の鳥栖には大きな可能性を感じる

photograph by

J.LEAGUE

 攻撃力の川崎フロンターレか、堅守のサガン鳥栖か――。

 4月7日に行われたリーグ首位と4位の上位決戦に対して試合前、そんな煽りを見かけたが、首を傾げてしまった。

 堅守とは、自陣ゴール前に人数を割き、相手の攻撃をシャットアウトするイメージだ。

 たしかに、かつての鳥栖は堅守速攻のスタイルが持ち味だった。しかし今シーズン、開幕から6戦無敗、無失点をマークしたのは、“ゴール前にバスを並べた”からではない。

 相手陣内でボール狩りを行う強烈なプレッシングと、選手の立ち位置を変えながら優位性を保ち、相手を攻略するポジショナルプレー――。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加